ここから本文です

本日開業の日本旅館「星のや東京」、星野代表が語る成功のポイントは「外資系より高い収益性」

トラベルボイス 7/20(水) 10:09配信

星野リゾートの日本旅館「星のや東京」が2016年7月20日、東京・大手町にいよいよ開業する。代表の星野佳路氏は、この新たな施設の計画段階から日本旅館と同社ブランドを世界に発信するための大事な拠点と位置づけてきた。大都会・東京の中心地に開業する日本旅館とは、どんな施設でどんなサービスを提供するのかーー?

【写真でみる「星のや東京」。靴を脱いで上がる玄関から客室まで】

開業に先立ち、国内・海外メディア対象の内覧会で公開された新たな施設の内部とともに、星野氏が語った戦略をレポートする。

世界に通用する日本旅館を東京に

星野氏は、「世界に通用する日本旅館を完成させるのが使命」と意気込み、日本旅館という宿泊施設カテゴリを世界で確立していく決意を改めて示した。「星のや東京」をフラッグシップとして、今後は都市型の日本旅館として海外展開していく方針で、候補の都市名ではニューヨークやパリ、ロンドン、サンフランシスコなどをあげる。

そして、海外展開では利用者満足度と同時に、「収益面で外資系ホテルより高いリターンを出せること」を成功のポイントとして強調した。

星野氏は、その答えを出す具体策として「星のや東京」が「スタッフ全て正社員」、「(清掃などの)外注なし」で運営することを明かす。「縦割りの専門組織より、マルチタスク(1人のスタッフが接客から清掃など全業務を行なう)の方がはるかに効率が高い」とし、例えばGOP(営業粗利率)では「星のや軽井沢」の35~40%に対し、その他の都市型施設は20~25%と推測し、その差をアピールした。開業段階では、料飲施設や宴会・MICEなどの付帯収入には頼らず、宿泊料金で利益を出す方針だ。

日本の”スシ”は、現在では魚の生食を元来の文化にもたない欧米人にも定着している。星野氏は、”スシ”と同様に旅館というカテゴリの宿泊施設で「市場を創造したい」と意欲を示した。

女将・仲居ではなく「お茶の間さん」がおもてなし

「星のや東京」は日本のビジネスの中心地、東京・大手町の再開発エリア「大手町フィナンシャルシティ」に位置する。周辺は国内の老舗から外資系までトップブランドが並ぶ、高級ホテルの激戦地でのオープン。先日、2020年の開業予定が発表された「フォーシーズンズホテル」は1ブロック先だ。

コンセプトは「塔の日本旅館」。江戸小紋をモチーフにした地上17階建ての外観は、周辺の景色と強調しながらも、しっかりと日本旅館の風情を放つ。縦の空間に、層のように旅館の要素を組み込み、靴を脱いで寛ぐ館内では女将でも仲居でもない「星のや東京」ならではのサービススタッフ「お茶の間さん」が、各フロアに設ける「お茶の間ラウンジ」でおもてなし。バトラー的サポートからコンシェルジュ的サービスにも対応する。

開業時の予約状況は、7月15日時点でほぼ満室。立地的にインバウンドの需要も見込むが、外国人比率については「我々が決めることではない」と想定値は明かさなかった。開業時点では日本人が過半数を占めたという。

1/2ページ

最終更新:7/20(水) 10:09

トラベルボイス