ここから本文です

小倉智昭、「師匠で恩人」大橋巨泉さんを追悼……入院中は妻に「ありがとう」繰り返した

トレンドニュース(GYAO) 7月20日(水)11時11分配信

小倉智昭キャスターが、がん闘病の末に82歳で亡くなったタレント・大橋巨泉さんを追悼した。小倉キャスターは、大橋さんの番組にスカウトされる形で東京12チャンネル(現・テレビ東京)を退社してフリー転身し、現在の成功へとつながった。

7月20日、がんで闘病していた大橋さんが7月12日に急性呼吸不全のため亡くなったと報じられた。82歳だった。

同日のフジテレビ系「とくダネ!」では、大橋さん逝去の速報が入った。MCの小倉キャスターは、「巨泉さんがいなかったら、今こうやって『とくダネ!』の司会をやっていることもなかった。本当に僕の師匠で、恩人でもあった」と故人をしのんだ。

小倉キャスターは、大橋さんが亡くなったことを報道される前から知っていたそうで、訃報を聞いたときは「相当うろたえた」と明かす。「覚悟はしていた。でもまさかこんなに早くお別れが来るとは……」と吐露した。

大橋さんは病状が重くなったため今年4月から病院の集中治療室に入った。「最後はもう言葉も話せなくなってしまって。それまで巨泉さんは口うるさい人ですから、奥様にもあれこれ注文をつけていたんですが、最後は『ありがとう』しか言わなくなってね。言葉が出なくなってきたら手を見せて、(指で)『3』と『9』で『サンキュー』って。奥様がおっしゃっていた」と明かした。

また他にも大橋さんの家族から聞いたエピソードとして、大橋さんが「ゴルフもできない、ワインも飲めない、原稿も書けない。俺は生きていてもしょうがない」とこぼしたが、弟から「だからといって簡単に別れるわけにはいかない」と言われて、「そうか……」と聞き入れたことも明かした。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:7月20日(水)11時11分

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。