ここから本文です

今年も甘く 入善ジャンボ西瓜ふるまい市/富山

チューリップテレビ 7月20日(水)9時29分配信

 今年の出来は上々のようです。

 入善ジャンボ西瓜の出荷に合わせて採れたてを味わう、恒例の『ふるまい市』が行われ、本格的な収穫シーズンが始まりました。
 大きなラグビーボールのような楕円形が特徴の、入善町特産の『入善ジャンボ西瓜』。
 出荷開始に合わせた『ふるまい市』には、町や農業の関係者など100人以上が集まり、収穫したばかりの入善ジャンボ西瓜を切り分け、出来栄えをお披露目しました。
 入善ジャンボ西瓜は、町の生産組合の12軒の農家が、およそ4ヘクタールの畑で栽培していて、今年は、春先に天候がよかったことなどから、作柄も良好で、平均で縦の長さが42センチ、重さ18キロ、糖度は12度から13度と、甘みたっぷりに仕上がったということです。

 (入善ジャンボ西瓜を味わった人)
 「甘い」
 Q何個食べた?「2個」Qどうだった、味は?「嬉しかった」
 「とにかくおいしいです。暑い時は特に、冷たいスイカはおいしいです」

 入善ジャンボ西瓜は、JAみな穂の直売所や県内のスーパーで販売されるほか、贈答用として全国にも発送され、来月上旬までにおよそ9000個の出荷を見込んでいます。

チューリップテレビ

最終更新:7月20日(水)9時29分

チューリップテレビ