ここから本文です

桐谷健太、ゾウにまたがり絶叫 乗り心地に大満足「毛が思ったより固い!」【動画付き】

オリコン 7月20日(水)20時40分配信

(C)ORICON NewS inc.

 俳優の桐谷健太が20日、都内で行われた映画『ターザン:REBORN』(30日公開)ジャパンプレミアに登場。同作の日本語吹き替え版でターザン役に挑戦したことにちなみ、アジアゾウのランディにまたがるパフォーマンスを披露すると「ターザン:REBORN!」と映画のタイトルを“絶叫”した。

 ゾウの上に乗った気分を聞かれると「毛が思ったより固いんですよ!」とノリノリ。「固さの向こうにやわらかさがありますね」との迷言も飛び出すなど、ゾウの乗り心地と上からの眺めに大満足の様子だった。

 また、不朽の名作であるターザンが新たに蘇ることを記念して、一般社団法人「日本記念日協会」が、同作の日本公開日である7月30日を「ターザンの日」として認定。ランディの“長い鼻”越しに、認定の賞状を受け取った桐谷は「ありがとうございます! うれしいです」と声を弾ませていた。

 同作は、これまでの『ターザン』のストーリーとは一線を画した、全てを手に入れた男が愛するものを救うためにジャングルへと戻るという真逆のオリジナルストーリーで展開する。

(C)ORICON NewS inc.

最終更新:7月20日(水)20時40分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。