ここから本文です

「CTBの方が楽しい」。パエアの爆発に見る、チーム編成のあり方。

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 7月20日(水)21時29分配信

 計107失点で2連敗と苦しんでいたサンウルブズは、最終戦で4トライを奪った。

 現地時間7月15日夜、南アフリカはダーバンのキングスパーク。国際リーグであるスーパーラグビーの最終節を迎え、プレーオフ進出を目指すシャークスを相手に、前半終了時点で19-21と迫る。

クボタスピアーズ 新キャプテンに立川理道が就任

 結局は29-40で屈して初年度の戦いを1勝13敗1引き分けで終えたが、マーク・ハメット ヘッドコーチ(HC)はやや満足していたか。

「結果が出なかったことは理想的ではないですが、チームとしてはよかった」

 堀江翔太主将、ゲーム主将を4度務めた立川理道ら主力を欠いた状態で、トップフォームの重量級クラブを攻め立てた。その流れを支えた1人が、パエア ミフィポセチだった。

 この日は2トライを奪った。特に1本目では、持ち前の突進力を存分に活かした。

 7-21とリードされて迎えた35分。敵陣22メートル線付近左のスクラムからの展開で球を受け取り、強引に守備網を破る。接点を作る。

 後退するシャークスがたまらず反則を犯すと、SHの茂野海人が「まだ(相手が後退すべき地点まで)帰っていない」と、速攻を仕掛ける。「帰っていない」相手が茂野に触れたら追加で反則を取られるため、シャークス陣営は慌ててゴール前まで戻る。すいすいと駆ける茂野は、PRの稲垣啓太を走らせるなどしてテンポを上げる。最後はインゴール右中間へ駆け込んだパエアが、止めを刺した。ゴールも決まり、スコアは14-21となった。

「相手のディフェンスが弱い。行こうと思った」

 それ以外の場面でもしばし相手のタックラーを引きずっていたパエアは、試合後、広報を通じてメッセージを残した。

 トンガから正智深谷高、埼工大を経て、現在は日本国籍を取得した29歳。身長178センチ、体重108キロと、上背こそないが力強さに自信を持っている。もっともここまで、本職と違うWTBを務めた。今年6月に日本代表デビューを果たした際も然り。タッチライン際でのハイボール合戦など、不慣れな仕事に難儀していたか。

 もっともこの日は、本来のCTBである立川が脳しんとうで欠場。穴を埋める形で、パエアがCTBを務めた。国内所属先のNTTドコモでも務める位置だったとあり、思う存分に躍動した。司令塔からすぐにパスをもらってランを仕掛けられる位置で、歓声を呼んだ。

 仲間のこれまでの苦悩とこの午後の爆発を観て、茂野もこう認めるのである。

「もともとミフィは、12(シャークス戦で任されたインサイドCTBの背番号)がやりやすいみたいで。いままではユーティリティー(万能型の)BKということで慣れないWTBで出ていたと思うんですが、今回は12でしっかりとハマっていました」

 今季のサンウルブズは、消滅の危機に瀕していた昨夏から秋にかけ急ピッチでメンバーを編成。渦中、今回初来日となったハメットHCも国内プレーヤーの特徴の把握にやや時間を要した。開幕前の追加招集選手が4人に上ったことなどから、最多40人とされる人数枠内でのスコッド編成に最後まで苦しんだ。 

 渦中、WTBの位置にはずっと選手層に陰りがあった。シーズン中に参加したビリアミ・ロロヘアは故障で抜け、かねて途中離脱する予定だった山田章仁も5月いっぱいで隊列を離れた。結成時からメンバー入りしていた山下一が終盤戦まで出番を失っていた一方、パエアやFBの笹倉康誉ら本職と違うメンバーが先発WTBを務めた。ハメットHCは「選手層が底をついている」と吐露した。

 シーズン終了を前に本職を担えたパエアは、「WTBよりCTBの方がボールをたくさんもらえるので、楽しいと思った」とも続ける。元日本代表HCのエディー・ジョーンズは、スコッド内の年齢バランスなども鑑みつつ「サンウルブズは代表チームがより強くなるためにあるチームです。選手のセレクションはより賢くやっていく必要があります」と提言している。

 国内選手への凝視やスムーズな契約交渉などで、チーム編成の課題は解消されるか。

(文:向 風見也)

最終更新:7月20日(水)21時29分

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)