ここから本文です

サガン鳥栖・楠神、ウェスタン・シドニーへ完全移籍

佐賀新聞 7月20日(水)10時33分配信

 サッカー・J1サガン鳥栖は18日、MF楠神順平(28)が、オーストラリアリーグのウェスタン・シドニー・ワンダラーズFCへ完全移籍すると発表した。

 楠神は滋賀県出身。2009年にJFA・Jリーグ特別指定選手として川崎フロンターレでJリーグデビューし、10年に川崎に入団。13年にはC大阪に移り、昨季はJ2で21試合で3得点を挙げた。今季、鳥栖に完全移籍したが、リーグ戦1試合、ナビスコ杯3試合の出場にとどまっていた。

【一問一答】「勝負する気持ちで」

 楠神選手が移籍にあたり会見した。

 -現在の気持ちは。

 C大阪で契約が終わってサガン鳥栖に拾ってもらった。チームを離れるについては悩んだが、社長をはじめ、みなさんが僕の決断を尊重してくれて本当にうれしい。

 -移籍先の印象は。

 ACLにも出ているし、すごく良いチーム。オファーが来てうれしかった。自分はサイドからドリブルで仕掛けることができるので、合っていると思う。

 -鳥栖での半年間はどうだったか。

 なかなか試合に絡めなかったが、そういう時にどれだけチームとして戦えるかという面ですごく勉強になった。最後に監督とも話したが、そこはしっかり見ていてくれた。いい経験になった。

 -最後に意気込みを。

 サッカー人生を左右する移籍。向こうで勝負するという気持ちで行く。日本のみなさんはなかなか見る機会がないと思うが、応援してくれている人たちにいい報告ができるように頑張りたい。

最終更新:7月20日(水)10時33分

佐賀新聞