ここから本文です

「地雷」を20倍高速撤去するドローン登場。10年以内の残留地雷の根絶目指す

sorae.jp 7月20日(水)11時0分配信

未だに紛争地域や、あるいは混乱が終わった地域でも大きな問題となっている「残留地雷」。その処理にドローンが役立つかもしれません。デザイナー兼事業家のMassoud Hassani氏は新たに、従来方式よりも20倍高速な地雷処理ドローン「Mine Kafon Drone」のプロジェクトを開始しました。

Mine Kafon Droneはまず地雷が埋没していると思われる地域を飛行し、カメラで3Dマップを撮影します。次に疑わしい場所を金属探知機で調査し、マップ上に地雷の埋まっている場所を記録。そして最後に地雷の上に爆発物を設置し、地雷を除去するのです。
 
Mine Kafon Droneはこのようにいすべての操作を遠隔地から行うことで、安全に地雷を除去できます。さらに人間や犬による従来作業に比べて20倍も高速に、さらに低コストに地雷を処理できるんだとか! ドローンの利点をうまく活かした、素晴らしいプロジェクトですね!

Massoud Hassaniは以前にも地上を転がりながら地雷を撤去する「Mine Kafon」を開発しました。Mine Kafon Droneはまだプロトタイプの段階ですが、将来的には「自動運転」での運用も検討されています。
 
現在、地上には1億個もの地雷が地中に埋まっているとされます。Massoud Hassani氏はこの残留地雷を10年以内にすべて取り除きたいという、大きな目標を持っています。同氏のプロジェクトはクラウドファンディングサイトのKickstarterにて開発資金を募集しているので、もし興味があったら応援してみるのも良さそうです。

最終更新:7月20日(水)11時0分

sorae.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]