ここから本文です

【動画解説】関東・東北の太平洋側で肌寒く 気温は2か月前に逆戻り

ウェザーマップ 7月20日(水)15時19分配信

 全国的に暑いのは一旦、きょうまでとなりそうです。21日(木)から週末にかけては、東北の太平洋側や関東で気温が下がり、日中でも25℃に届かない所が多くなりそうです。

 21日(木)からはオホーツク海高気圧が日本付近に張り出してきます。この高気圧は冷たい空気を持っていて、そこから吹き出す風が、東北の太平洋側や関東付近に入ってくる見込みです。
 
 同じ東北地方でも、冷たい空気の影響をうけない日本海側では気温が下がらず、秋田の最高気温は28℃前後。しばらく夏の暑さが続きます。
 一方、冷たい空気がダイレクトに入ってくる仙台や東京では、22日(金)頃にかけて、日中でも気温が25℃を下回る予想です。仙台では21日(木)に6月下旬並みとなり、東京は21日(木)と22日(金)にかけて、2か月くらい前の気温に逆戻りとなりそうです。
 気温差が大きくなりますので、服装や体調管理にお気をつけください。(気象予報士・多胡安那)

最終更新:7月20日(水)15時19分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。