ここから本文です

アンモニアからFCV向け高純度水素を製造 広島大などが世界初の実用技術を開発

日刊工業新聞電子版 7月20日(水)15時54分配信

 広島大学と昭和電工、産業技術総合研究所、豊田自動織機、大陽日酸は19日、アンモニアから燃料電池車(FCV)用の高純度水素を製造する技術の開発に成功したと発表した。実用可能な技術として世界で初めてという。昭和電工川崎事業所(川崎市川崎区)でのシステム実証に向けて、現在プロセス検討を行っている。

 今回はアンモニア分解用ルテニウム系触媒の調製とアンモニア除去材料の作製、水素精製に関する技術を確立した。その上で、同技術を用いた各装置を実証システムの10分の1の規模で開発し、世界で初めてアンモニア由来のFCV用水素製造を可能にした。

 基本的な仕組みはアンモニアを分解装置を通して水素と窒素の混合ガスを生成する。ただ、微量のアンモニアガスが残るため、そのアンモニアと窒素を除去装置などで取り除くことで高純度な水素を製造できる。

 今後の目標は2018年度までに昭和電工川崎事業所において、1時間当たり10ノルマル立方メートルで水素を供給できる実証システムの開発を目指す。アンモニア水素ステーションの実用化には同300ノルマル立方メートル規模が求められる。

 水素は常温で気体になるため、貯蔵や輸送面で大きな課題がある。一方で1分子当たり3原子の水素を持つアンモニアは常温なら液体であり、有望な水素エネルギー輸送手段だと期待されている。

最終更新:7月20日(水)15時54分

日刊工業新聞電子版