ここから本文です

きょう7月20日なぜ「ともだちの日」? 「歴史的乗りもの」が由来

乗りものニュース 7月20日(水)12時0分配信

「人類初」の「乗りもの」に由来

 7月20日を「ともだちの日」にしよう、という動きがあります。なぜこの日が「ともだち」なのか、それにはある「乗りもの」が関係していました。

 それは1969(昭和44)年の7月20日にさかのぼります。この日、アメリカの有人宇宙飛行「アポロ計画」で、人類の月面着陸に初めて成功。それに感動したアルゼンチンの心理学者が1000人の友人へ手紙を送ったことから、その日はアルゼンチンで「国際友達の日」とされ、中南米では「友情を確認しあう日」として友人に電話をする、手紙を書くなどする慣習があります。


 そこで、熊本の「くまモン」生みの親でもある放送作家の小山薫堂さんがいま、さまざまな企画を通じ、日本で7月20日を「ともだちの日」として浸透させる取り組みを行っています。

機内食でバジルとトマトの「ともだち丼」提供も なぜそれが「ともだち」?

 小山薫堂さんが国際線新商品・サービス総合アドバイザーを務めるJAL(日本航空)では今日2016年7月20日(水)、その取り組みに賛同し、バジルとトマトを「ともだち」関係に見立てて考案したメニュー「ともだち丼」を、国際線のファースト・ビジネスクラスで特別に提供するそうです。

 バジルは「コンパニオンプランツ(共栄作物)」と呼ばれ、一緒に育てるとトマトの生育を促進させるほか、余分な水分を吸うことでトマトが甘くなり風味が良くなる--すなわち、「ともだち」のように互いの成長を助け合うことから、それを「ともだち丼」としたとのこと。

 JALは9月1日(木)から、東京発の国際線ファーストクラスでもこの「ともだち丼」を提供する予定です。

乗りものニュース編集部

最終更新:7月20日(水)12時0分

乗りものニュース