ここから本文です

カペッロ氏のインテル行きはなしか カペッロ氏息子「インテルの指揮官をやらないと保証できる」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/20(水) 9:40配信

マンチーニ体制続投か

EURO2016ベスト16敗退から立ち直ろうとするイングランド代表か、2018ワールドカップを開催国として迎えるロシア代表か。ここ数日インテル指揮官ロベルト・マンチーニが代表監督の職に就くのではないかとの話題が注目を集めた。マンチーニは補強戦略を巡ってクラブ側と上手くいっていない部分があると言われており、今夏にチームを離れる可能性が噂されていたのだ。

そしてマンチーニが去った場合には、かつてミランなどを指揮した名将ファビオ・カペッロ氏が後任候補に挙がっていると言われていた。しかし、カペッロ氏がインテルの指揮官を務める可能性は低いようだ。

伊『Calciomercato』によると、カペッロ氏の息子であるピエルフィリッポ・カペッロ氏がインテルの指揮官にはならないと主張しているという。ピエルフィリッポ氏はインテル指揮官就任の噂について「私は父がインテルの指揮官をやらないと保証することができる。父の仕事は解説者であり、父はそれでとてもハッピーだ。今の仕事をやめることはないだろうね」とコメントし、今後も解説者を続けていくと見ている。

同メディアはマンチーニがこのまま続投すると見ており、マンチーニは翌週に会長のエリック・トヒル氏と会談して補強戦略や今後のプランについて話し合う予定となっている。インテルサポーターからはカペッロ氏就任を嫌がる声が挙がっていたが、その可能性は低くなったと言えそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/20(水) 9:40

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]