ここから本文です

ホンダ新型「NSX」日本仕様は新型GT-Rの倍以上?2000万円超え確定か!?

オートックワン 7月20日(水)18時7分配信

新型NSXの価格、なんと「2200万円」!?

間もなく日本でも発表となる、新型「ホンダ NSX」の価格情報が流れ始めた。

だが、どの情報を見ても驚くほど高価!ポルシェを圧倒し、ランボルギーニやマクラーレンと同等の価格と言って良い。

「ランボルギーニ」や「マクラーレン」と同等の価格になってしまった新型NSX [画像49枚]

なにしろ「これ以上は安くならない」という情報ですでに2200万円。最も高い情報だと2400万円近い。詳しく調べてみることにした。

「ランボルギーニ」や「マクラーレン」と同等の価格になってしまった

参考までに書いておくと、580馬力のエンジンを搭載し320km/h出る恰好良い「ランボルギーニ ウラカン LP580-2」が2535万円。クルマ通の間ではウラカンより高い評価を得ている540馬力/320km/hの「マクラーレン 540C」で2188万円。

新型NSXは、こういった世界トップクラスのスーパーカーと同等の価格になってしまうということである。

また、日本が誇る世界有数の性能を持つ「日産 GT-R」も(570馬力/309km/h)一段と性能向上を果たした2017年モデルが996万円で買えてしまう。

GT-Rはスーパーカーの性能競争で使われるニュルブルクリンクサーキットの速さで新型NSX(まだ正式なタイムを公表していない)と同等。

米国価格から、現在の為替で換算するとおよそ1950万円に

果たして、新型NSXは「2200万円」を超えるのか?

まず先行発売されているアメリカでの価格だけれど、標準仕様で15万6940ドル(日本円に換算すると約1650万円)。高性能カーボンブレーキや、豪華な内装などオプションを加えていくと、おおよそ19万ドル(同1950万円)くらいになる。

日本仕様はフルオプションになると言われており、為替レート1ドル=105円とした場合、1950万円が基本だと考えていいだろう。

2000万円超は、円安を想定した価格か!?

ちなみに、新型NSXはアメリカで生産される。日本の場合、自動車に対する関税ゼロ。運送コストだけで済む。どんなに丁寧に運んだとしても2000万円までいかない。

では2000万円なのかと言えば、アメリカ側の関係者曰く「為替変動で価格を変えるワケにもいかない。1ドル=120円になったくらいで考えているようだ」。

19万ドルを115円換算してみたら、すでに2185万円!新型NSXが2200万円という情報、このレートを適用した時のようだ。

そして1ドル125円換算だと2375万円になってしまう。高い方の「2400万円近いらしい」は、125円という円安を想定した時の価格だと思われる。

2185万円でも2375万円でも十分に高い。ただでさえ事前の評価が高くない新型NSXとあり、日本では苦戦する可能性が大きくなってきた。

国沢光宏

最終更新:7月20日(水)18時13分

オートックワン