ここから本文です

スズキ、新型スイフト・ワゴンRの発売時期を延期

ニュースイッチ 7月20日(水)11時50分配信

燃費測定不正で開発に遅れ。協力部品メーカーに通達

 スズキが年内の投入を予定していた新型「スイフト」と「ワゴンR」の発売時期を、延期することが明らかになった。スイフトは2017年2月、ワゴンRも来春以降にずれ込む見込み。燃費の測定不正の影響で開発が滞り、国交省の審査も厳しくなることが予想されるため。両車種はいずれも小型車と軽自動車の主力車種。16年度の国内生産、販売への影響は避けられない見通しだ。

 スイフトはスズキの小型車の主力車種で、国内のほか欧州やインドでも人気の高い世界戦略車。国内では10月頃の全面改良を計画していた。一方、ワゴンRは低迷する軽自動車販売の起爆剤として秋の全面改良を目指していた。

 しかし、5月に燃費測定方法の不正が発覚。技術部門は燃費の再測定や国交省への説明対応に追われることになり一時期、開発が滞った。さらに国交省は不正のあった三菱自動車とスズキに対し、新車の量産に必要な審査を他社より厳しくするとしており、計画通りの発売が難しくなった。すでに協力部品メーカーなどへは現行モデルの生産延長と新型の生産開始時期の延期を通達した。

<解説>
 新型スイフトは国内販売10万台を目標に掲げる小型車戦略の切り札となる車種。ワゴンRは幅広い層に人気があったが、1ー6月の販売は前年同期比21・6%減。「軽」の巻き返しに期待がかかっていただけに手痛い出遅れだろう。国内でのスイフトの発売は数カ月遅れる見通しで、当面は2月の発売を目指す。ワゴンRは来春まで現行モデルの生産を継続するようだ。

 ただ販売に影響が出るのは仕方がない。この延期をプラスに変え、まずは社内の改革や顧客、販売店、部品メーカーとの信頼関係を取り戻す期間にあてるべきだろう。

最終更新:7月20日(水)11時50分

ニュースイッチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]