ここから本文です

H3ロケット、基本設計を終えて開発へGo!

sorae.jp 7月20日(水)19時15分配信

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2016年7月20日、メディア向けに新型基幹ロケット「H3」の開発状況を説明した。H3ロケットは基本設計を終えて詳細設計段階に入り、2016年度内にはエンジンなどの地上テストも開始される模様だ。

H3ロケットは現在の日本の大型ロケット「H-IIA」と「H-IIB」を置き換えるもので、2015年度からJAXAと三菱重工業が協力して本格的な開発を行ってきた。今回の説明会は2015年7月以来ほぼ1年ぶりとなる。前回の説明会で示されたH3ロケットの概要を概ね踏襲しつつ、より具体的な検討結果が示された。

3バージョンで需要に対応

H3ロケットは、液体水素と液体酸素を推進剤とする第1段ロケット、第2段ロケットに固体ロケットブースター(SRB)を取り付ける構成で、これまでのH-IIA、H-IIBと基本的には共通している。ただし、液体推進剤タンクが大型化しているため、全長は大型のH-IIBの57mより長い63mと、日本最大の大型ロケットだ。この巨大な液体ロケットを中心にSRBを取り付けることで、3つのバージョンを用意する。

地球観測の担い手、30S型はH-IIAの半額

H3ロケットのバージョン中、最も小さいものはH3-30S型だ。30Sは、第1段エンジン「LE-9」が3機、SRBは装備せず(0本)、衛星を格納するフェアリングは短縮型(S型)を使用するという意味だ。

30S型はH-IIAロケット202型(上写真)に相当するが、その構成はかなり異なる。H-IIA202型が太さ4mの液体ロケットに2本のSRBを装着しているのに対し、H3-30S型は太さ5.2mと大型だがSRBを装着しないため、打ち上げ能力は若干低下する。H-IIAロケットは4.4tまでの地球観測衛星を打ち上げることができるが、近年は地球観測衛星の小型化が進んでいるため、H3ロケットでは4t程度としてコストを抑えた。。

H-IIAロケットはこれまでに30機が打ち上げられたが、そのうち約半数がJAXAなど日本政府の地球観測衛星だ。H3ロケットはこの、日本政府の衛星打ち上げ費用を半額とすることが開発着手時に明記されており、H-IIA202型の約100億円に対し、約50億円を目指している。

なお、50億円という価格はH3ロケット全体で年5、6機程度の打ち上げがある場合の目標価格で、それより少ないと割高になる可能性がある。政府打ち上げは年平均3機程度と見込まれているため、残りの2、3機は商業受注が必要だ。

1/2ページ

最終更新:7月20日(水)20時7分

sorae.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]