ここから本文です

前田薬品工業と滑川高校生 スキンケア商品を共同開発へ/富山

チューリップテレビ 7月20日(水)9時57分配信

 高校生のアイディアで、新商品を開発です。

 富山市の前田薬品工業と滑川高校薬業科の生徒が、県産素材を使った若者向けのスキンケア商品を共同開発することになりました。
 19日は、共同開発に取り組む滑川高校薬業科の1・2年生7人が、初めて前田薬品工業を訪れ、今回のプロジェクトの概要などについて説明を受けました。
 前田薬品工業は、1966年の創立以来、主に、塗り薬や貼り薬などの外用剤を製造していて、今後は、その技術を活かし、新たに、基礎化粧品などスキンケア商品の製造販売事業に参入します。
 参入の足がかりとして、高校生のアイデアを生かし、県産素材を使った若者向けの商品開発に取り組む計画で、高校生からは、作ってみたい商品として脱毛クリームや肌質別の化粧水など様々な意見が上がっていました。

 「全国の女子高生がみんな、買いたいなと思う商品を作りたい」(滑川高校薬業科2年・プロジェクトリーダー・大坪優奈さん)
 「インターネット、その他SNSでいろんな情報が入ってくると思いますし、僕らの時代よりも圧倒的に情報収集力があると思います。それを形にしていくという時に、若い、鋭い感覚を形にしていきたい」(前田薬品工業・前田大介社長)
 今後は、月に1・2回の話し合いを重ね、来年5月ごろの商品完成を目指します。

チューリップテレビ

最終更新:7月20日(水)9時57分

チューリップテレビ