ここから本文です

尾崎裕哉「父は自分にとっては通過点」、デビューコンサート発表

MusicVoice 7月20日(水)20時25分配信

 故・尾崎豊さんの息子である尾崎裕哉が9月4日に、東京・よみうり大手町ホール『billboard classics 尾崎裕哉 premium concert -「始まりの歌」-』を開催する。デビュー曲「始まりの街」を始め、「I LOVE YOU」などの父の楽曲と共に、特別編成の弦楽クァルテットで披露される。尾崎裕哉は「父の作品を歌い継ぐ」と同時に「父は自分にとっては通過点」と、ミュージシャンとしての意思をコメントした。

 7月16日にTBS系大型音楽番組「音楽の日」に出演。父である尾崎豊さんの名曲「I LOVE YOU」と自身の楽曲を初めて生放送で熱唱。歌い終わった瞬間、裕哉の優しく切ない歌声にスタジオは感動と驚嘆で静まり返った。全国の音楽ファンの前で起こったデビューが、多くのメディアで反響を起こしている。

 すばらしいパフォーマンスを披露した裕哉、そのデビューコンサートが発表された。会場は、日本有数のクラシック専用ホール、よみうり大手町ホール。デビュー曲「始まりの街」を始めとした裕哉の自作品が、「I LOVE YOU」などの父の楽曲と共に、特別編成の弦楽クァルテットの旋律に導かれて披露される。

 「父の作品を歌い継ぐ」と、ミュージシャンとしての意思を表明した尾崎裕哉。同時に「父は自分にとっては通過点」と、さらにその先を見つめる。今秋、父と息子の音楽の軌跡が重なる。

【公演概要】

タイトル:billboard classics 尾崎裕哉 premium concert -「始まりの歌」-
日時:9月4日 14:00開演(13:30開場)
会場:よみうり大手町ホール(地下鉄大手町駅 C3出口直結)
出演:尾崎裕哉  トオミヨウ(ピアノ)、ビルボードクラシックス弦楽クァルテット

最終更新:7月20日(水)20時37分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。