ここから本文です

最年少で抜擢されたNECのアクセラレーターが目指す社内ピボット

ニュースイッチ 7月20日(水)15時10分配信

目黒友佳さん「大企業の中の“人財”からイノベーションを生み出す」

 「(NECの)本社33階を訪れると、意識が変わり、ピポット(方向転換)できる。そんな異空間にしたい」―。こう語るのは、新規事業向けのアクセラレーターとして活躍する目黒友佳さん。33階には目黒さんが所属する事業イノベーション戦略本部の拠点があり、総勢150人が新規事業の創出やイノベーション人材の発掘・育成に取り組んでいる。

 アクセラレーターは、事業創出の困難を乗り越えるために「仮説検証を手伝ったり、社外の著名な人材との交流の場を作ったりする」のが役割だ。

 目黒さんは2009年に入社し、当初はパーソナルコンシューマー部門に配属された。「ガジェット(携帯用の電子機器)好き」だったこともあり、BツーC(対消費者)向けの事業開発に奮闘し新たなビジネスを生み出してきた。その経験を買われ、14年から最年少でアクセラレーターに抜擢(ばってき)された。

 現在はビジネスモデルイノベーション室の主任として活動。抜群の行動力の持ち主で、米国のシリコンバレーに出向くなど、海外にも幅広い人脈を持つ。国内外で仕事をこなしながら「会合や懇親会に毎月40回は参加している」と多忙な日々を送るが、その表情は充実感で溢(あふ)れる。

 ただ、かつて苦い出来事も経験した。コンシューマー担当の経験を生かし指輪型の生体認証の事業化を手伝ったが「お客さんが付かずに苦労していた」。そこで開発担当者とともにシリコンバレーを訪れ、現地のベンチャーキャピタル(VC)に助言を求めた。だが、その結果は惨憺(さんたん)たるものだった。VCから厳しい指摘を受け、事業化を断念した。

 事業創出に向けてアクセルを踏むのが目黒さんの仕事だが「芽が出なければピポットさせる」のも重要な役割だ。開発担当者はVCから的確な指摘を直接聞けたことで、すぐに意識を切り替えて新たな活動に踏み出せた。「(失敗を重ねて)深入りする前にピポットすれば、次のことができる」というわけだ。

 イノベーションというと、スタートアップ企業を思い浮かべがちだが、目黒さんのこだわりは「大企業の中に“人財”がいて、そこからイノベーションを生み出すこと」。そこでイントレプレナー(社内起業家)の発掘・育成にも力を注いでいる。

 3月には社内イノベーターの育成を目的とした交流イベント「NECイノベーターズ・ラウンジ」を開催。社外の著名人や起業家、投資家らを招き、総勢100人規模で行った。社員には「自分史を書かせ、何がしたいかを明確にした上で互いに質問する」といったユニークな取り組みも実施。工夫を凝らし、社内イノベーターの芽を育んでいる。

 事業イノベーション戦略本部の役割の一つは「社内の文化を変えること」。新たな文化の醸成に向け、目黒さんは社員の意識に入り込み、思考の“船頭役”として時に加速させ、時に大きく舵(かじ)を切る。アクセラレーターとしての地道な積み重ねが、NECという巨大な船に推進力を生み出している。

最終更新:7月20日(水)15時10分

ニュースイッチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]