ここから本文です

ディミトロフ 82位のエヴァンスに敗れ、今季7度目の初戦敗退<男子テニス>

tennis365.net 7月20日(水)15時17分配信

シティ・オープン

男子テニスのシティ・オープン(アメリカ/ワシントン、ハード、ATP500)は19日、男子シングルス2回戦が行われ、第12シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)は世界ランク82位のD・エヴァンス(英国)に4-6, 4-6のストレートで敗れ、今シーズン7度目の初戦敗退となった。

ディミトロフ 公の場でキス

今大会シード勢は1回戦免除のため、この試合が初戦だったディミトロフは2度のブレークを許して第1セットを落とす。第2セットに入っても主導権を掴むことが出来ず、1時間22分で敗れた。

ディミトロフは今シーズン、1月のアピア国際シドニー(オーストラリア/ シドニー、ハード、ATP250)と4月のTEB BNP パリバ イスタンブール・オープン(トルコ/イスタンブール、レッドクレー、ATP250)で決勝へ進出するも、その後5大会連続で初戦敗退を喫するなど思うような成績を残せていない。

勝利したエヴァンスは3回戦で第6シードのJ・ソック(アメリカ)と世界ランク102位のL・ラコ(スロバキア)の勝者と対戦する。

また、今大会には日本勢から世界ランク93位の西岡良仁(日本)、同106位の杉田祐一(日本)が出場しており、それぞれ2回戦へ駒を進めている。

今大会のシード勢は第1シードにJ・イズナー(アメリカ)、第2シードにG・モンフィス(フランス)、第3シードにB・トミック(オーストラリア)、第4シードにB・ペール(フランス)、第5シードにS・ジョンソン(アメリカ)、第6シードにソック、第7シードにA・ズベレフ(ドイツ)、第8シードにS・クエリー(アメリカ)となっており、シード勢は1回戦免除で2回戦からの登場。

tennis365.net

最終更新:7月20日(水)15時19分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。