ここから本文です

ジャスティン・ビーバーがファンにお説教

ELLE ONLINE 7月20日(水)22時3分配信

いよいよ8月に来日公演を行うジャスティン・ビーバーが7月15日(現地時間)、アトランティックシティの公演でファンにお説教! 発端となったのは、ファンがステージに投げ入れた帽子。ジャスティンはこれに怒り、「今は曲を聞くときだ。帽子だろうと何だろうと、ステージに投げ入れるのはやめてくれ。そんなもの、欲しくないから」とファンに向かって言い、その帽子をステージから蹴り落としたそう。

ジャスティンの言い分もわかるけれど、言い方がちょっぴりキツめ……。本人もそれに気がついたようで「ひどい言い方をしてごめん」とステージで反省。ファンに謝った後「僕はこの瞬間やこの空間に没頭しているんだ。でも、気が散ってしまった。気持ちを取り戻すからちょっと待って」「僕たちはみんな目的を持ってここにいるということを確認するために今を過ごしたいんだ。人生に意味はあるし、僕たちは死ぬために生きているわけではないんだよ」と語りかけたそう。

最新アルバム『パーパス』を引っさげたワールドツアーでは、かなり熱の入ったパフォーマンスを披露しているジャスティン。ファンならそのアツイ気持ちを尊重してあげたいもの。それにしても言葉遣いを反省してみんなの前で謝るなんて、ジャスティン、成長した!
(text : Yoko Nagasaka)

from ELLEgirl

最終更新:7月20日(水)22時3分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。