ここから本文です

フェデラーとナダルもロジャーズ・カップを欠場 [男子テニス]

THE TENNIS DAILY 7月20日(水)18時1分配信

 ロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)の2人も、7月25日からカナダ・トロントで始まる「ロジャーズ・カップ」(ATP1000/賞金総額408万9740ドル/ハードコート)を欠場することになった。これで大会はトップ4のうち3人が不在で大会をスタートさせることになる。

マレーはマスターズのロジャーズ・カップを欠場

 テニスカナダは先日もディフェンディング・チャンピオンであり、ウィンブルドン・チャンピオンでもある世界2位のアンディ・マレー(イギリス)の欠場を発表したばかりだった。

 世界3位のフェデラーはウィンブルドンで準決勝に勝ち進み、そこでミロシュ・ラオニッチ(カナダ)に敗れた。準々決勝ではマリン・チリッチ(クロアチア)に対して劇的なフルセットの逆転勝利を飾ったあとのことだった。

「トロントはカレンダーの中でも僕が好きな大会のひとつ。だから今回の決断はとても残念だし、カナダのファンの前でプレーできなくなったことに失望している」とフェデラーは声明を発表した。「ウィンブルドンのあと、よりよいプレーをするにはさらに多くの時間が必要だと判断した。来年はまたカナダでプレーしたいと思う」。

 世界4位のナダルは全仏オープン3回戦を戦う前に左手首の故障で棄権して以降、プレーしていない。

「僕は手首の故障のあと、一週間前からやっと練習をスタートさせたばかりで、まだ重要なイベントを戦うだけの準備ができていない」とナダルも声明を発表し、「トロントでのここ数年は素晴らしいサポートと多くのファンからの声援があり、今回もプレーするのを楽しみにしていた」。

 ウィンブルドンは3回戦敗退となった世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)と、同大会決勝でマレーに敗れて準優勝となったミロシュ・ラオニッチ(カナダ)はロジャーズ・カップに出場予定だ。

 大会は23日の土曜日から予選が始まる。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: LONDON, ENGLAND - JULY 08: Roger Federer of Switzerland plays a forehand during the Men's Singles Semi Final match against Milos Raonic of Canada on day eleven of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 8, 2016 in London, England. (Photo by Shaun Botterill/Getty Images)

Photo: PARIS, FRANCE - MAY 24: Rafael Nadal of Spain reacts during the Men's Singles first round match against Sam Groth of Australia on day three of the 2016 French Open at Roland Garros on May 24, 2016 in Paris, France. (Photo by Dennis Grombkowski/Getty Images)

最終更新:7月20日(水)18時1分

THE TENNIS DAILY