ここから本文です

17歳ベリスが2回戦へ [スタンフォード/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 7月20日(水)22時31分配信

 アメリカ・カリフォルニア州スタンフォードで開催されている「バンク・オブ・ザ・ウェスト・クラシック」(WTAプレミア/7月18~24日/賞金総額75万3000ドル/ハードコート)の1回戦で、アリソン・リスク(アメリカ)と17歳のキャサリン・ベリス(アメリカ)がランキング上位者を下す番狂わせを演じ、2回戦に進出した。

大坂なおみは初戦突破ならず、ボーズラップに敗退 [バンク・オブ・ザ・ウェスト・クラシック]

 ベリスはワイルドカード(主催者推薦枠)での出場で、第6シードのエレナ・オスタペンコ(ラトビア)を6-4 6-4で破った。第2セットを1-4とリードされたベリスだがそこから挽回し、今年3月のアメリカ・サンアントニオの大会で1回戦を突破して以来の、WTA大会での勝利となった。

 リスクは第8シードのバルバラ・レプチェンコ(アメリカ)を2-6 6-3 7-6(4)で下した。第1セットを落としたリスクだが巻き返して、第2セットは5ゲームを連取。第3セットのタイブレークでは最初の3ポイントを獲得した。レプチェンコはここ2年連続で、今大会の準決勝に進んだ選手だった。

 ジュリア・ボーズラップ(アメリカ)、ユルスラ・ラドバンスカ(ポーランド)、マグダ・リネッテ(ポーランド)も2回戦に進んだ。ボーズラップとリネッテは、ともに第1セットを2-6で落としてから挽回した。

 それぞれが次のラウンドで、1回戦がBYE(免除)で試合がなかった上位選手と対決する。ボーズラップは第3シードのジョハナ・コンタ(オーストラリア)、ラドバンスカは第2シードのドミニカ・チブルコバ(スロバキア)、リネッテは第1シードのビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)と対戦する。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: STANFORD, CA - JULY 19: Catherine Bellis of the United States is emotional while being interviewed after a win against Jelena Ostapenko of Latvia during day two of the Bank of the West Classic at the Stanford University Taube Family Tennis Stadium on July 19, 2016 in Stanford, California. (Photo by Lachlan Cunningham/Getty Images)

最終更新:7月20日(水)22時31分

THE TENNIS DAILY