ここから本文です

来年は1秒だけ長いぞ! 2017年1月1日8時59分60秒が決定

ギズモード・ジャパン 7月20日(水)22時10分配信

何しよっかなー!

地球の自転の観測をもとに世界の時間を決定する国際地球回転・基準系事業(IERS)によると、今年2016年の最後にうるう秒が1秒追加されるとのこと。

日本では、2017年1月1日午前8時59分59秒と午前9時00分00秒の間に「8時59分60秒」が追加されることになります。

うるう秒は、地球の自転と時間のズレを修正するために追加される秒のこと。地球の自転が微妙に遅くなることで、時計の時刻は少しずつズレていってしまいます。うるう秒を入れることで原子時計が地球の自転とぴったり合うように調整するのです。

たった1秒だけなので、こういうニュースで発表されない限り気づくことはないものですが、実はこのうるう秒での調整は1972年に始まりました。そのときには、それまでのズレを一気に10秒も直したそうですよ。

image by Ahundt
source: NICT
Ria Misra - Gizmodo US[原文]
(リョウコ)

最終更新:7月20日(水)22時10分

ギズモード・ジャパン