ここから本文です

日ハム大谷が自己最高の11号、14年の10本を上回る 右手でガッツポーズも

Full-Count 7月20日(水)15時27分配信

野手出場5試合ぶりの一発は勝ち越しの特大弾

 日本ハムの大谷翔平投手が20日の楽天戦(帯広)でシーズン自己最高の11号を放った。

 同点に追いついた5回2死一、三塁。1ボールから、ブリガムの高めに浮いた144キロ直球をジャストミートした。右中間芝生席に飛び込む勝ち越し11号3ランとなった。14年に記録した10本塁打を上回るアーチとなった。

 3日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)以来、野手出場5試合ぶりの一発。特大アーチに、一塁ベースを回ると、右手にガッツポーズを作った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月20日(水)15時29分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。