ここから本文です

日ハム大谷が自己最高の11号、14年の10本を上回る 右手でガッツポーズも

Full-Count 7/20(水) 15:27配信

野手出場5試合ぶりの一発は勝ち越しの特大弾

 日本ハムの大谷翔平投手が20日の楽天戦(帯広)でシーズン自己最高の11号を放った。

 同点に追いついた5回2死一、三塁。1ボールから、ブリガムの高めに浮いた144キロ直球をジャストミートした。右中間芝生席に飛び込む勝ち越し11号3ランとなった。14年に記録した10本塁打を上回るアーチとなった。

 3日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)以来、野手出場5試合ぶりの一発。特大アーチに、一塁ベースを回ると、右手にガッツポーズを作った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/20(水) 15:29

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。