ここから本文です

ロナウドからヘソと筋肉が消えた! 「悪意はない」と語るカタルーニャTV局がCR7の写真に“フォトショ”で物議

theWORLD(ザ・ワールド) 7月20日(水)17時1分配信

腹筋のラインを消す

クリスティアーノ・ロナウドの下腹部からヘソが消え去ってしまったのは、決してストイックなトレーニングによるものではない。カタルーニャのTVチャンネル『TV3』が、レアル・マドリードのエースの“腹筋写真”に加工を施したとして謝罪している。

この“フォトショップ騒動”は『CNN』がロナウドの写真に編集が加えられているとして、カタルーニャの放送局に抗議したことから始まった。カタルーニャ放送局のジャーナリスト、ジョルディ・ラモス氏は、一連のフォトショップがオリジナルの写真に写り込んだ広告ブランドの商標を消すために行われたものであり、決して悪意があったわけではないと説明。スペイン紙『MARCA』が伝えている。一部ではバルセロナを寵愛するカタルーニャ放送局が、ライバルのエースをさも“太ったかのように”見せかけるために下腹部から筋肉の凹凸ラインを消したのではないかとされているが、その真意は永久に謎のままだろう。

今回の“加工後のロナウド写真”には腹筋のラインだけでなく、ヘソも消去されており、遅かれ早かれ誰しもが違和感を感じずにはいられないものとなっている。先のユーロ2016では多くの喝采と少なくないブーイングを浴びたロナウドだが、良くも悪くも、常に注目され続ける存在のようだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月20日(水)17時1分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。