ここから本文です

エンリケ監督もポテンシャルを評価 バルセロナ、カンテラ育ちの20歳ムニルと21歳サンペールと契約延長

theWORLD(ザ・ワールド) 7月20日(水)17時10分配信

ともに2019年まで契約延長

バルセロナは、モロッコ代表FWムニル・エル・ハッダディとスペイン人MFセルジ・サンペールとの契約延長に合意したと発表している。

バルサとムニルは3年の契約延長となり、契約解除金は6000万ユーロに設定されている。同選手は「最高のクラブと契約更新することができて満足している。期待していなかったが、一生懸命取り組んできて努力したことが報われた」と語っている。スペイン『MUNDO DEPORTIVO』が伝えた。現在20歳のムニルは昨季、リーグ戦15試合に出場し3得点3アシストを記録した。

またバルセロナとサンペールは1年の契約延長となり、契約解除金は5000万ユーロに設定されている。同選手は契約延長したことについて「カンテラで育った自分にとってトップチームでのプレイは人生の夢だった」と喜んでいる。現在21歳のサンペールは昨シーズン、UEFAチャンピオンズリーグのローマ戦などトップチームで6試合に出場。セルヒオ・ブスケッツの後継者として地元ファンからの期待もあつい。

カンテラ育ちのこの2選手にはルイス・エンリケ監督もポテンシャルを高く評価する。トップチームでの継続した活躍に期待が寄せられる。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月20日(水)17時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]