ここから本文です

バルサが大事に育てるクロアチアの神童がドイツへ まさかの完全移籍?

theWORLD(ザ・ワールド) 7月20日(水)17時30分配信

もちろん買い戻し条項付き

ハンブルガーがバルセロナに所属するクロアチア代表MFアレン・ハリロビッチを4年契約で獲得することが濃厚となった。

2014年にクロアチアのディナモ・ザグレブからバルセロナへ引き抜かれると、次世代の司令塔として大事に扱われている20歳のハリロビッチ。昨季はスポルティング・ヒホンにレンタル移籍し、戦力に乏しい同クラブの中で一人異彩を放っていた。すでにリーガ・エスパニョーラで通用する力を備えている同選手だが、バルセロナはさらに経験を積ませる意向だと独『Bild』は伝えている。

同紙によれば、ハリロビッチは500万ユーロでハンブルガーに移籍することが決定間近のようだ。完全移籍という形ではあるものの、買い戻し条項も付くとされており、1年後なら1000万ユーロ、2年後以降なら1250万ユーロと伝えられている。

ドイツでもまばゆい輝きを放つことが予想されるハリロビッチ。数年後、世界屈指のプレイメーカーとなったハリロビッチがバルセロナに帰還する可能性は高いといえるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月20日(水)17時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。