ここから本文です

ポグバが1億ポンドならスコールズは何億ポンドなんだ? アイスランドの英雄が上がりすぎる移籍金に疑問

theWORLD(ザ・ワールド) 7月20日(水)17時24分配信

移籍金が上がりすぎている現状に疑問

近年の移籍市場では信じられない額のお金が動いており、選手を正しく評価できているのか疑問に思うところもある。今夏はユヴェントスMFポール・ポグバが大きな注目を集めており、マンチェスター・ユナイテッドが1億ポンド超えの額で獲得するのではと言われている。

この現状に疑問を持っているのがアイスランド代表としてEURO2016を戦ったFWエイドゥル・グジョンセンだ。グジョンセンはかつてチェルシーでプレイしていたこともあり、プレミアリーグの環境をよく理解している。そんなグジョンセンだからこそポグバが1億ポンド超えの選手と評価されていることに疑問を感じるのだろう。

英『METRO』によると、グジョンセンは自身のTwitterで今夏の市場を楽しみながら見ているとコメント。しかし、移籍金が上がりすぎていることに疑問を投げかけており、「いったい今ならスコールズはいくらの額になるんだ?」と現在の選手の過大評価に言及している。

スコールズは世界の誰もが認めるMFで、今スコールズが全盛期を迎えていればどれだけの金額が動いたのだろうか。ポグバには1億ポンドを超える価値があると言われているが、スコールズはポグバより下の選手なのか。2人のタイプは違いすぎるが、昔の選手と比較してこうした疑問を持つ者もいるだろう。

同メディアのアンケートではポグバに1億ポンドならスコールズは1億~1億5000万ポンドほど必要と答えた人が最も多い結果となったが、今の移籍金の高騰具合は少しばかり異常と言えるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月20日(水)17時24分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]