ここから本文です

ドゥドゥが大当たりの甲府に39歳ブラジル人MFが3度目の加入「甲府の応援は相変わらず素晴らしい」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/20(水) 17:50配信

2007年には磐田でプレイ

ヴァンフォーレ甲府は20日、MFマルキーニョス・パラナが加入することを発表した。

現在39歳のマルキーニョス・パラナは2007年にジュビロ磐田でJリーグデビューを果たしたが、2008年から5年間はブラジルでプレイ。しかし2013年に甲府への加入が発表されると、2シーズンに渡って活躍する。また2014年シーズンを以って退団となっていた同選手だが、2015年4月に再加入で1年間プレイ。今回で3度目の甲府への加入となる。

またしても甲府に帰ってことが決まったマルキーニョス・パラナはクラブ公式サイトを通じて、「改めてこの素晴らしい国である日本のJリーグの舞台でプレイをすることになり、嬉しいです」とコメント。「ヴァンフォーレ甲府の応援は相変わらず素晴らしく最後まで力を与えてくれます。今年も残留できるように全力で頑張り、みんなで喜べる結果を残したいと思います」と意気込みを語った。

甲府は今夏、絶対的エースであったFWクリスティアーノが退団したが、代わりに獲得したFWドゥドゥがデビュー戦から得点を記録する活躍。17位と降格圏に沈んでいる甲府だが“新戦力”を加え、今季もJ1に残留することができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/20(水) 17:50

theWORLD(ザ・ワールド)

なぜ今? 首相主導の働き方改革