ここから本文です

[移籍]日本のバーディに!? 怪我を乗り越えた22歳FWが関東2部からJ2への“大出世”

theWORLD(ザ・ワールド) 7/20(水) 18:10配信

地元クラブに加入

ロアッソ熊本は19日、関東サッカーリーグ2部に所属するLB-BRB TOKYOからFW若杉拓哉が完全移籍で加入することを発表した。

熊本県出身で現在22歳の若杉は大津高校を卒業後、筑波大学に進学。2016年からLB-BRB TOKYOに加入したが、シーズン後半戦からはJ2リーグを戦う熊本に加入する。LB-BRB TOKYOの公式サイトでは移籍に際し、「怪我で大学最後のシーズンを棒に振り、一度はプロの世界への扉を閉ざされた男はあきらめませんでした。先も見えず不安と苦闘しながら訪れるチャンスを愚直に待ち続けた結果、故郷熊本でその機会に恵まれたこと、本人のみならず我々クラブスタッフ一同も嬉しく、かつ、誇りに思います。わずかの時間でも我々クラブのユニフォームに袖を通したことが、今後の彼のサッカー人生に少しでも影響を与えることを願うとともに、またいつか共に戦えることを願ってやみません」と新たな一歩を踏み出す22歳にエールを送っている。

また、熊本への加入が決まった若杉は熊本公式サイトを通じて「地元熊本でサッカーをできることを大変嬉しく思います」とコメント。「シーズン途中での加入となりますが、チームに貢献し、自身のプレイで熊本の方々やこれまでお世話になった方々のために、全力で頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」と意気込みを語った。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/20(水) 18:10

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

なぜ今? 首相主導の働き方改革