ここから本文です

DeNA筒香、連夜の2発で自己最多26本塁打 ヤクルト山田とついに3本差

Full-Count 7/20(水) 21:38配信

5回の勝ち越し弾に続き、8回にも弾丸ライナーで2ラン

 DeNAの筒香嘉智外野手が20日、敵地でのヤクルト戦で2試合連続の2本塁打をマーク。自己最多のシーズン本塁打数を「26」に伸ばした。

 同点の5回に勝ち越しの25号ソロを放ち、昨年の24本塁打を上回り早くも自己最多本塁打を記録していた筒香。見せ場は8回にも訪れた。

 この回、DeNAは4点を奪い、なおも無死一塁。ここで打席に立った筒香は、左腕ペレスの内角高めへの直球をフルスイング。右翼ポール際に弾丸ライナーで飛び込む26号2ランとした。

 前日にも2本のホームランを放ち、昨年に並ぶ自己最多タイの24本塁打としていた。しかも、同点の9回に決勝点をもたらす貴重な一発だった。連夜の大爆発でリーグトップのヤクルト山田とついに3本差。ハイレベルな争いを繰り広げている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/20(水) 21:47

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。