ここから本文です

中日大島が史上64人目のサイクル安打を達成 「今日は行けると思っていた」

Full-Count 7月20日(水)22時46分配信

3打席までに長打をクリア、連敗を4で止め「勝ててよかった」

 中日のリードオフマン・大島洋平外野手が20日の広島戦(マツダ)で、史上64人目のサイクル安打を達成した。初回に右翼席へ先頭打者本塁打となる3号ソロ。2回には左中間へ二塁打を放ち、4回は左中間へ三塁打。6回の第4打席で左前へ安打を放ち、自身初のサイクル安打を達成した。

 ヒーローインタビューで大島は「サイクル安打を達成して勝てたのでよかったです」とひと安心。まず1打席目。「打席に入るまでいつも塁に出ようと心掛けています。(本塁打という)最高の形で勢いをつけることができてよかった」。このアーチから勢いに乗った。

「今までサイクル安打を達成する可能性は何度とあった」という。しかし、いつも残っていたのは本塁打や三塁打など難しい長打だった。この日は3打席目までに長打をクリアし、「今日は行けるんじゃないかなと思っていた。(達成できて)正直うれしかったです」と喜んだ。

 連敗を4で止める活躍。今季初めて中日はマツダスタジアムで勝利した。「ファンに申し訳ない気持ちでした。勝ててよかった」。可能性がある限り首位広島の追撃を目指し、チームを引っ張っていく。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月20日(水)22時52分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。