ここから本文です

小吹隆文撰・週末アート、7/20~

Lmaga.jp 7/20(水) 19:00配信

「とにかく誰よりも現場を見て歩く」を信条に、美術ライター・小吹隆文が膨大なアートの海から、いま必見の展覧会をピックアップ! 今週は、ドライブをかねてお出かけできる、陶芸展を紹介。

これは珍しい、異種格闘技的な展覧会『Rencontre-いま、ここで、出会う 《交差する現代陶芸コレクション》』

兵庫・篠山にある兵庫陶芸美術館で、ユニークな企画展が行われています。通常、美術館では、年代、地域、技法などを前提に作品を展示します。しかし本展では、館蔵の現代陶芸コレクションから28作家を選び、独自の組み合わせで2人1組ずつ紹介しているのです。たとえば、富本憲吉(近代陶芸の巨匠)×日野田崇(漫画的なフォルムと図柄の立体を作る現代作家)、八木一夫(陶オブジェの先駆者)×増田敏也(低解像度のCGのような立体で知られる現代作家)といった具合。意外な組み合わせが発する共鳴やギャップを通して、陶芸の幅広さ、奥深さを体感してください。ちなみに展覧会名の「Rencontre」とは、「遭遇」「接触」を意味するフランス語です。

2016年6月18日(土)~8月28日(日)
兵庫陶芸美術館
兵庫県篠山市今田町上立杭4

東洋と西洋の文化的融合を体現『生誕130年 バーナード・リーチ展』

20世紀英国を代表する、工芸家として知られるバーナード・リーチ(1887~1979)。彼の生誕130年を記念した本展では、初期から晩年までの代表作約200点が見られます。香港で生まれ、3歳まで日本で過ごしたリーチは、小泉八雲やホイッスラーの影響から日本に関心を抱き、1909年、22歳で再来日を果たします。その際、民藝運動の創始者で生涯の友となる柳宗悦など、日本の文化人や芸術家と知遇を得、陶芸の路を志すようになりました。そして計15回にわたる日英往来を通して、「東と西の結婚」という創作理念を追求し続けたのです。日本では既に有名なリーチですが、これだけの規模の展覧会は滅多に行われません。陶芸ファンなら必見です。

2016年7月9日(土)~9月25日(日)
滋賀県立近代美術館
滋賀県大津市瀬田南大萱町1740-1

1/2ページ

最終更新:7/20(水) 19:00

Lmaga.jp