ここから本文です

不運続きのリカルドにチーム代表がフォロー「今後は渡る道すべてが青信号になる」

オートスポーツweb 7月20日(水)15時33分配信

 レッドブルの代表であるクリスチャン・ホーナーは、不運が続き結果が出ていないダニエル・リカルドに対し、幸運が舞い込んでくるだろうと語った。

【写真】王者メルセデスは今後のレッドブルのパフォーマンスを警戒

 今シーズンのリカルドは、3回のピットストップの指示が結果的に表彰台を逃す原因となったスペインGPや、その2週間後にピットストップの遅れで優勝を失ったモナコGPなど、この序盤戦は不運続きのレースばかりとなった。先日のイギリスGPでも、ピットストップの最中にバーチャルセーフティーカーが導入され、セルジオ・ペレスの後ろになってしまい、上位グループに10秒以上遅れをとってしまった。

 現状、リカルドのここ4戦中3戦の獲得ポイントは、チームメイトのマックス・フェルスタッペンを下回っている。しかしホーナーはリカルドに今後、幸運が訪れることを期待している。

「ダニエルは本当によくやってくれている。渡る道がすべて青信号になるように、これからの日曜日は、きっとレースの流れが彼に舞い降りてくるはずだ。レースは紆余曲折のスポーツだからね」

「ダニエルは優れたドライバーで、今シーズンすでにトップクラスのレース運びでそれを実証している。チームメイトより後ろでフィニッシュすることを望む者などいない。彼は前向きに対応してくれると思っているよ」

 ホーナーはフェルスタッペンとリカルドのライバル関係はチームにとって有益だと考えている。

「我々はふたりのトップドライバーを抱えている。彼らはお互いに切磋琢磨し、より良いレースを魅せている。とてもポジティブな関係で、お互いに悪意を持つことなどない。とても健全な状態だと思っている。チームの信頼は成長著しい。クルマがそれを証明している」

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月20日(水)15時38分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。