ここから本文です

キスマイ玉森裕太、声優初挑戦は「ガッチガチに緊張」 参考にしたのは『ニモ』

クランクイン! 7/20(水) 17:15配信

 Kis‐My‐Ft2の玉森裕太が20日、映画『キング・オブ・エジプト』公開アフレコイベントに出席。詰めかけた報道陣を前に、恋人役をつとめる永野芽郁と掛け合いシーンを展開し、初チャレンジの声優について、アニメ『ファインディング・ニモ』で“予習”したことを明かした。

【関連】映画『キング・オブ・エジプト』公開アフレコイベント<フォトギャラリー>


 本作は、盗賊ベックが恋人のザヤを救うべく、黄金都市の古代エジプトで天下取りを狙う冒険劇を描いたファンタジー映画。主人公のベックはブレントン・スウェイツが、ザヤはコートニー・イートンが演じ、世界20ヵ国でオープニング週末興行収入1位を獲得している。

 今回玉森は、ベックの日本語吹き替えを担当。「アフレコ初日はガッチガチに緊張していました」と述懐し、「声だけのお芝居は初めて。何もかもが初で、とくにアクションシーンが苦労した。また一ついい経験ができた」と感慨深げ。

 ザヤを演じる永野は、玉森とともに声優初挑戦。玉森との掛け合いに、時折笑みをこぼす。また、玉森が自身の演じたベックについて「似ているところが一個もない。(自分は)勇敢でもないし、おちゃらけてもいない。全く自分と違って新鮮だった」と話すと、永野は「(玉森が)ベックにしか聞こえない。ベックの声を聞いているから、自分もザヤになれた部分が多かった。本当に助かりました」と信頼を寄せた。

 声優業に挑戦するにあたって、玉森は「(別作品の)吹き替え版を見て参考にしようかなと思って『ファインディング・ニモ』を見ました。吹き替えのイメージもあったし“いいかな”と思ったんですけど…普通に楽しんじゃってました」と告白して報道陣の笑いを誘い、「何か吸収できたと思います」と笑みを浮かべた。

 さらに玉森は、本作にちなんで神様のような能力が手に入るならと問われて「カッコよく走れる能力がほしい。走り方がコンプレックスなので。絶対に(ここでは)やらないですけど」と吐露していた。

 映画『キング・オブ・エジプト』は、9月9日より全国ロードショー。

最終更新:7/20(水) 17:15

クランクイン!

なぜ今? 首相主導の働き方改革