ここから本文です

人気海外ドラマ『バフィー』&『スター・トレック』が大人向け“ぬり絵”に

クランクイン! 7月20日(水)19時30分配信

 楽しいだけでなく、脳を活性化するという効果があるという塗り絵は、日本でも多種多様な大人のための“ぬり絵”が発売され人気を博しているが、海外ドラマ『吸血キラー/聖少女バフィー』と『スター・トレック』シリーズの大人向け“ぬり絵”が発売されるという。

【関連】『スター・トレック』シリーズ、最も興味深い歴代キャラクターは誰? トップ10発表


 ぬり絵を発売するのは、『吸血キラー/聖少女バフィー』のコミック版などを展開する米ダークホース・コミックス。『吸血キラー/聖少女バフィー』のぬり絵はコミックシリーズのシーズン8~10のイラストを手掛けたカール・モリーンらが担当し、45ページに及ぶという。発売は来年2017年1月17日だが米アマゾン・ドットコムでは先行予約を受け付けている。

 一方『スター・トレック』シリーズからは、今年がテレビ放送開始50周年にあたるオリジナルシリーズ『宇宙大作戦』と、パトリック・スチュワートがピカード艦長を演じたテレビシリーズ第2弾『新スター・トレック』が塗り絵になるそうだ。やはり45ページ構成となり、公開されたビジュアルにはウィリアム・シャトナーが演じたカーク船長やレナード・ニモイが演じたミスター・スポックなどエンタープライズ号のクルーが勢揃いしている。価格は14ドル99セント(約1600円)で現地時間10月19日発売とのことだ。

最終更新:7月20日(水)19時30分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。