ここから本文です

日ハム、貯金20でソフトBに接近! 大谷が自己最多&決勝の11号3ラン

ベースボールキング 7月20日(水)16時43分配信

○ 日本ハム 9 - 3 楽天 ●
<13回戦・帯広>

 日本ハムが逆転勝利で今季最多の貯金「20」。大谷のキャリア最多を更新する11号3ランが決勝弾となり、帯広のファンに鮮やかな逆転勝利を届けた。

 日本ハムは2-3の5回、二死一、三塁の好機で4番中田が猛打賞となる同点適時打を中前へ運ぶと、なおも一、三塁と好機は続き、5番大谷が楽天先発・ブリガムの直球を右中間スタンドへ運んだ。大谷はこの一発が今季11号で、2年目の2014年に記録した10本塁打を抜き、自身の年間最多本塁打数を更新した。

 日本ハムはその後も7番岡、8番大野の適時打などで加点。8回までに11安打を放ち、効率よく9点を奪った。

 投手陣では先発の吉川が5回途中で降板したが、3番手の谷元が6回からの2イニングをパーフェクト。7回は3者連続三振をマークし2勝目(2敗)を手にした。

 対する楽天は1点を追う5回、先頭の2番藤田から5連打を記録するも、3番ペレスの走塁死、4番ウィラーの盗塁死の影響で得点は2点のみ。5番今江が移籍1号を左翼席へ運んだが、塁上に走者がいなかったためソロ弾となった。

 投げても先発のブリガムが踏んぱれず、5回7失点(自責6)で3敗目。楽天は試合を通して拙攻拙守が目立ち、後半戦は連敗スタートとなった。

BASEBALL KING

最終更新:7月20日(水)16時51分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]