ここから本文です

いよいよ夏休み 小中高で終業式

紀伊民報 7月20日(水)16時44分配信

 和歌山県内の多くの小中高校と特別支援学校で20日、1学期の終業式があった。

 田辺市の田辺第三小学校では、谷本敬介校長(58)が全校児童241人に「自分は1学期、成長できたかどうかを家の人と話し合ってほしい。夏休みは規則正しく、交通事故、水難事故に気を付けて、何か目標を持って過ごして」と呼び掛けた。

 夏休み中の生活について注意事項の説明があり、10年以上前から登校指導をしている植芝照雄さん(68)の表彰式もあった。

 各教室に戻ってからは掃除をし、児童は担任から通信簿を受け取った。初めて手にした1年生は「毎日楽しかった」と1学期を振り返り、通信簿の中を見る前に「頑張ったから、そのことを書いてくれていればうれしい」「何が書かれているか楽しみ」と話した。

 印南町以南では全ての小中学校、支援学校で20日に終業式があり、高校は22日の所もある。2学期の始業式は多くの小中学校で9月1日を予定している。

最終更新:7月20日(水)16時44分

紀伊民報

【生中継】小池百合子都知事の会見