ここから本文です

バルサ、カタール航空が“胸スポンサー”継続…契約延長を発表

SOCCER KING 7月20日(水)10時3分配信

 バルセロナは19日、「カタール航空」とのメインスポンサー契約延長を発表した。契約内容は従来のものと同じで、新契約の期間は2017年6月30日まで。

 バルセロナは2010年12月、カタールの政府系企業であるカタール・スポーツ・インベストメント(QSI)と5年半の契約を締結した。同契約締結後、バルセロナのユニフォームには同企業の系列組織のロゴが“胸スポンサー”として掲示。2011-12シーズンからの2年間は「カタール財団」、そして2013-14シーズン以降の3年間は「カタール航空」のロゴが入っていた。

 QSIとの契約が満了を迎え、新シーズンのユニフォームで“胸スポンサー”を掲示するのがどの企業になるか、注目が集まっていた。アメリカの小売業大手「アマゾン」社などとの交渉も報じられていたが、最終的には「カタール航空」との契約延長で決着することとなった。

 なお14日付のスペイン紙『アス』によれば、スポンサー契約料は4000万ユーロ(約46億7000万円)と伝えられている。

SOCCER KING

最終更新:7月20日(水)11時40分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。