ここから本文です

重傷のデンバ・バ、引退を否定「克服できる」…仏外科医が手術担当へ

SOCCER KING 7月20日(水)12時15分配信

 17日に大ケガを負った上海申花所属のセネガル人FWデンバ・バが、現役引退を否定した。大手メディア『ESPN』が19日に報じている。

 デンバ・バは17日に開催された中国スーパーリーグの上海上港戦で左足を負傷。試合後、同選手は左足のけい骨とひ骨の骨折と診断され、長期離脱が確実視されている。

 選手生命に影響を及ぼしかねない重傷を負ったデンバ・バは「本当に悪いケガだけど、克服できるということはわかっているよ」とコメントし、現役引退を否定した。同選手は上海の病院のベッドからフランスのラジオ局『ラジオ・モンテカルロ』に出演し、心境を明かしている。

 デンバ・バは現在、上海の病院に入院しているが、手術はフランス人外科医に依頼するという。同選手は「まだ、完全な措置は行われていないんだ。(病院側に)待つように伝えたからね。本当はヨーロッパに飛んで手術を受けたかったけど、不可能ということがわかったから、ドクターをこちらへ呼ぶ手配をしたんだ」とコメント。同医師が到着次第、手術を受けることになるようだ。

 そしてデンバ・バは「ハテム・ベン・アルファのように、似たケガから復活した選手もいる。自分自身もキャリアの序盤に似たようなことがあったけど、今は治療法も格段に進歩しているから、早く戻れると思う。今シーズンは11月に終わって、来シーズンは(来年の)3月から始まるね。次のシーズンに間に合うようにベストを尽くすよ」と、前向きに復帰への意気込みを語っている。

 デンバ・バは1985年生まれの31歳。ホッフェンハイムやニューカッスル、チェルシーなどを渡り歩き、トルコのベジクタシュを経て2015年6月に上海申花へ移籍した。今シーズンはリーグ戦で14ゴールを記録し、得点ランキング首位に立っていた。

SOCCER KING

最終更新:7月20日(水)12時56分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]