ここから本文です

五輪代表が国内合宿を打ち上げ…手倉森監督「地球の裏側で日本の魂を注いできます」

SOCCER KING 7月20日(水)20時18分配信

 リオデジャネイロ・オリンピックに臨む五輪代表が20日、千葉県内で2日間の国内合宿を打ち上げた。

 発熱で19日の練習を回避していた井手口陽介(ガンバ大阪)は、この日も38.2度と熱が下がらず宿舎で静養。南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)と久保裕也(ヤングボーイズ/スイス)の海外組と渡英中の浅野拓磨(サンフレッチェ広島)、当日に明治安田生命J2リーグを戦う矢島慎也(ファジアーノ岡山)を除いた13選手がピッチで汗を流した。

 国内でファンの前に姿を見せるのは最後ということもあり、トレーニングの最後に手倉森誠監督を含めたスタッフと選手一同が練習見学に訪れたメインスタンドに向かって整列。指揮官が「ブラジルへ行く方、いらっしゃいますか?」と問い掛け、ただ一人だけ手を挙げた若い男性サポーターに「現地で会いましょう!」とメッセージを送った。そして「地球の裏側で日本の魂を注いできますので、応援よろしくお願いします」という手倉森監督の力強い言葉で国内合宿を締めくくり、駆けつけたファンから大きな拍手で送り出された。

 五輪代表は21日に出国。ロンドンを経由して決戦の地、ブラジルへと向かう。

SOCCER KING

最終更新:7月20日(水)20時18分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合