ここから本文です

[クラブユース選手権(U-18)]ユース取材ライター陣が推薦する「クラセン注目の11傑」西日本編

ゲキサカ 7月20日(水)7時10分配信

特集企画「ユース取材ライター陣が推薦する『クラセン注目の11傑』」

 ゲキサカでは7月25日に開幕する夏のクラブユース日本一を懸けた戦い、第40回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会の注目プレーヤーを大特集。「クラセン注目の11傑」と題し、ユース年代を主に取材するライター各氏に紹介してもらいます。第2回は関西を中心にジュニアから大学生、Jリーグまで精力的に取材する森田将義氏による「西日本地区」の11人です。

森田将義氏:「西から11人を選ぶ際に基準にしたのは上手い下手ではなく、“もう一度見たい”と思える個性を持っているかどうか。プロ候補生である彼らが18歳以降も生き残っていくため、プロの世界に飛び込んでから観客を魅了するための武器を持っていると感じた選手をピックアップしました。高校サッカーで良く耳にする『夏を機に変わった』というフレーズは、クラブチームに所属する彼らにとっても同じで、40度近い気温を記録することもザラではない群馬を経験することで、取り上げる11人だけでなく、また新たな個性を持った選手が出てくるはずです。新たな個性、可能性を発見する場でもある今大会に注目してもらえればと思います」

以下、森田氏が注目する11名
GK大迫敬介(サンフレッチェ広島ユース)
「『ちょっと天然だけど、器が大きい』(沢田謙太郎監督)守護神で、冷静なシュートストップと正確なキックが持ち味。チームとして目指すのは昨年、公式戦22試合で許した44失点からの半減で、指揮官からは『活躍してもらわないと困る』とハッパをかけられる」

DF菅原由勢(名古屋グランパスU18)
「※PICK UP PLAYER vol.3記事へ」

DF立田悠悟(清水エスパルスユース)
「189cmの高身長を活かした競り合いの強さに正確なフィードも備えたCB。強さなど足りない要素も多いが、素材としての面白さは世代屈指であることは間違いない。最終学年を迎えた今年はトップチームのキャンプにも参加し、貴重な経験を積んだ」

DF小林友希(ヴィッセル神戸U-18)
「1年生ながら早くも欠かせない戦力となるだけでなく、Jへの出場が可能な2種登録も済ませる注目のCB。インターセプトや相手の得意なプレーを消す守りなどクレバーさが光るだけでなく、野田知監督が『岩波(拓也)を思い出す』と口にする程、正確なフィードも備える」

DF舩木翔(セレッソ大阪U-18)
「『SBでも点に絡めるようになりたい』と口にするように高い攻撃力が持ち味の左SB。中学時代に10番を背負った程の高い組み立て力で攻撃の起点となるだけでなく、プレミアリーグでは得点力も発揮している」

MF島村拓弥(京都サンガF.C.U-18)
「俊敏性とレパートリー豊富な足技を活かしたドリブルが光るMF。父に『目立つから』と勧められ、小学校時代から始めたという坊主頭も目を惹く。今季は『自分が満足できる出来ではない』プレーが続くが、群馬ではうっ憤を晴らす活躍に期待したい」

MF食野亮太郎(ガンバ大阪ユース)
「※PICK UP PLAYER vol.4記事へ」

MF飛鷹啓介(JFAアカデミー福島U18)
「本来は冷静なプレーで攻撃のリズムを作る中盤の選手だが、今季はFWとしてプレー。最前線でのポストプレーに加え、頻繁に2列目に落ちてパスで周囲を活かすなど“偽CF”としての動きでアタッキングサードを活性化させる」

MF酒井将輝(大分トリニータU-18)
「技術力と状況判断の高さを活かしたパスで攻撃を司るMF。中村有監督が『技術的なことは何も言う必要がないレベル。ゴール前に出ていくアグレッシブさが出てくればもっと良くなる』と注文をつけるのも期待の表れだ」

FW崎村祐丞(アビスパ福岡U-18)
「中学時代に、トップチームのキャンプに参加した期待の点取り屋。一瞬の速さを活かしたドリブルと相手DF裏への飛び出しで自らがゴールを奪うだけでなく、相手マークを引き寄せてからのパスでアシスト役に回ることもできる」

FW田川亨介(サガン鳥栖U-18)
「FW豊田陽平を目標として挙げる次世代のエース候補。181cmの高さが目を惹くが、持ち味は50mを6秒台前半で駆け抜ける速さ。スペースへの抜け出しとドリブルでバイタルエリアに侵入し、鋭い左足シュートを放つ」

[写真]森田氏が注目する大迫

執筆者紹介:森田将義(もりた・まさよし)
1985年、京都府生まれ。路頭に迷っていたころに放送作家事務所の社長に拾われ、10代の頃から在阪テレビ局で構成作家、リサーチとして活動を始める。その後、2年間のサラリーマン生活を経て、2012年から本格的にサッカーライターへと転向。主にジュニアから大学までの育成年代を取材する。ゲキサカの他、エル・ゴラッソ、サッカーダイジェストなどに寄稿している。

最終更新:7月20日(水)7時10分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]