ここから本文です

Jリーグが10年総額2100億円で放映権契約を締結、英動画配信大手のパフォームと

ゲキサカ 7月20日(水)10時32分配信

 Jリーグは20日、英動画配信大手のパフォーム・グループが提供するスポーツのライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」と2017年より10年間、約2100億円の放映権契約を締結したと発表した。

 今回の契約により来季よりJ1、J2、J3の全試合が「DAZN」で生中継される。「DAZN」は、世界最大級のデジタル・スポーツコンテンツ&メディア企業であるパフォーム・グループによって提供されるライブストリーミングサービスで、テレビやPC、スマートフォン、タブレット、ゲーム機などさまざまなデバイスを使って、いつでも、どこでも、高画質で中継を楽しめる。

 Jリーグと「DAZN」はNTTグループとJ1クラブのホームスタジアムをはじめとした全国のスタジアムのWiFi環境整備・情報サービス提供などを推進する。「DAZN」のサービス概要は今夏に発表予定。

 契約期間は2017シーズンから2026シーズンまでの10年間。対象大会はJ1、J2、J3、Jリーグチャンピオンシップ、J1昇格プレーオフ、J2・J3入れ替え戦の全試合となっている。

最終更新:7月20日(水)14時24分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報