ここから本文です

34歳でも実績十分!徳島が10年W杯カメルーン代表10番を獲得

ゲキサカ 7月20日(水)13時0分配信

 徳島ヴォルティスは20日、スペインのヒムナスティック・タラゴナから元カメルーン代表FWアチーレ エマナを完全移籍で獲得したと発表した。背番号は20。

 同選手はフランスやスペイン、中東のクラブで活躍してきた1982年6月5日生まれの34歳。2010年にはカメルーン代表の10番として南アフリカW杯に出場し、日本代表ともグループリーグの初戦で対戦した。

 実績十分の34歳は、Jリーグへの移籍について、「これまで様々な国でプレーをしてきて、様々な文化を吸収してきたのですが、これから更に成長をしていくためにもこれまでと全く違った文化に触れてプレーや生活をしてみたいという気持ちがありました」と説明。

 また、「自分自身の性格は本当に負けず嫌いで、試合には常に勝つことしか考えていませんし、負けることが本当に嫌いです。毎試合全力で勝利を追及するような性格ですので、それを上手くチームに出していきたいと思います」と意気込みを語っている。

最終更新:7月20日(水)13時0分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。