ここから本文です

マフレズの残留を認めるラニエリ「マーケットは終わった」

ゲキサカ 7月20日(水)16時57分配信

 レスター・シティのクラウディオ・ラニエリ監督が、移籍が噂されるアルジェリア代表MFリヤド・マフレズについて、「レスターに残りたがっている」と話したと語った。

 マフレズは2014年からレスターでプレーしており、昨季は17ゴールを決め、優勝の立役者となった。ただマフレズに対してはアーセナルやチェルシーが関心を示しており、また本人はバルセロナへの移籍希望を持っているとされていた。

 しかしレスターは先日、MFエンゴロ・カンテをチェルシーに放出しており、これ以上の流出は避けたいところ。移籍金を4500万ポンド(約63億円)に再設定するという報道もされたばかりだった。

 そして『スカイ』は、ラニエリ監督がこれ以上の流出はないとの見方を示したと伝えている。

「ここにいる全員がハッピーにやっている。終わった、マーケットはもう終わったんだ。ああ、マフレズはレスターに残りたがっているよ」

 マフレズは現在の契約があと3年残っているが、さらに新契約の話を進めることになるという。

最終更新:7月20日(水)16時57分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]