ここから本文です

マンUそれでも買う?ユーベ強気姿勢崩さず、118億円蹴り140億円超要求

ゲキサカ 7月20日(水)18時23分配信

 マンチェスター・ユナイテッドによるユベントスのフランス代表MFポール・ポグバの獲得に向けた交渉が本格化している。

 ポグバはマンUの下部組織出身で、2012年にトップチームデビュー。しかし同年夏にユベントスにフリートランスファーで移籍した。ただここで才能が一気に開花。移籍金100億円を超える選手として、ビッグクラブの注目を集め続けている。

 タダで放出した選手を史上最高額の移籍金で買い戻すという壮大な移籍劇だが、『スカイ』によると、移籍交渉には両クラブのCEOやポグバの代理人であるミーノ・ライオラ氏らが出席。マンU側からは1億100万ユーロ(約118億2500万円)の移籍金提示がされた模様だ。

 しかし簡単な放出を避けたいユベントス側も強気の姿勢を崩していない。1億2000万ユーロ(約140億円)にボーナスを求めた条件を再提示しているのだという。

 ポグバ本人はというと、ジョゼ・モウリーニョ監督のもとでプレーをしたいと考えていることから、移籍に前向きであるとの見方が強い。さらに年俸1300万ユーロ(約15億円)で個人合意しているとの報道もある。

 ユベントスの条件をすべて飲むようであれば、サッカー界の常識を覆しかねない今回の交渉劇。モウリーニョ体制1年目での大復活を目指すマンUの判断はいかに。

最終更新:7月20日(水)18時55分

ゲキサカ