ここから本文です

A45 AMGの特別仕様車 500万円台で登場

carview! 7/20(水) 16:41配信

メルセデス・ベンツ日本は20日、メルセデスAMG A45 4マチックの特別仕様車「メルセデスAMG A45 4マチック レーシングエディション」を設定し、全国100台限定で8月上旬に販売を開始すると発表した。

【メルセデス・ベンツ Aクラスの写真をもっと見る(6枚)】

今回の特別仕様車は、AMG A45 4マチックをベースに装備をスリム化することで、価格を引き下げ、メルセデスAMGモデルとして初の500万円台を実現したモデル。

AMG A45 4マチックは、量産2リッター車のなかで最強の381psを発生する高性能モデルで、0-100km/h加速は4.2秒を誇る。今回の特別仕様車も性能は同じだ。

ベース車との装備の違いは、シートがレザー/パワーシートからDAINAMICA/マニュアルシートに変更されるほか、COMANDナビゲーション&TVチューナーやキーレスゴー、リアアームレストなどが簡素化される。

設定されるボディカラーは、コスモスブラックとカルサイトホワイトの2色でそれぞれ50台ずつの計100台が販売される。

価格は、ベース車よりも139万円安い、583万円。

株式会社カービュー

最終更新:7/20(水) 16:41

carview!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。