ここから本文です

マツダ デミオ、中国でリコール…タカタ製エアバッグの不具合

レスポンス 7月21日(木)7時30分配信

マツダが中国市場で販売している『マツダ2』(日本名:『デミオ』)のセダン。同車が中国において、リコール(回収・無償修理)を行う。

画像:マツダ2(デミオ)のセダン

これは7月上旬、中国の国家質量監督検験検疫総局が明らかにしたもの。「中国で販売された『デミオ セダン』の一部をリコールする」と発表している。

今回のリコールは、タカタ製エアバッグの不具合によるもの。運転席エアバッグにタカタ製のインフレータが使用されており、事故でエアバッグが展開した際、金属製の破片が飛び散るおそれがある。

リコールの対象になるのは、2007年7月下旬から2015年6月中旬にかけて生産された車両。7万4310台がリコールに該当する。

なお、このリコールは、マツダと重慶長安汽車の中国合弁、長安マツダが実施する。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:7月21日(木)7時30分

レスポンス