ここから本文です

DeNA×ヤマト運輸、自動運転を活用した次世代物流サービスの開発を目指し2017年3月から実験へ

MarkeZine 7月21日(木)8時30分配信

DeNA×ヤマト運輸、自動運転を活用した次世代物流サービスの開発を目指し2017年3月から実験へ

ロボネコヤマトの使用車両イメージ

 ディー・エヌ・エー(以下、DeNA)とヤマト運輸は、自動運転を活用した次世代物流サービスの開発を目指し、実用実験の実施にむけた計画策定に合意した。プロジェクト名は「ロボネコヤマト」と呼称し、実施期間は2017年3月からの1年間を予定している。

 「ロボネコヤマト」プロジェクトで、DeNAのIT技術を活用した自動運転関連のサービス設計ノウハウとヤマト運輸の物流ネットワークを組み合わせることで、より利便性が高く、自由な生活スタイルを実現する物流サービスを目指すもの。主な実用実験の内容は次の2サービス。

・オンデマンド配送サービス:利用者の望む時に望む場所で荷物を受け取れる配送サービス。スマートフォンで荷物の現在地や到着予定時刻の確認も可能。・買物代行サービス:地域の複数商店の商品をインターネット上で購入し、「オンデマンド配送サービス」にて一括で配送することができるサービス 実用実験では、ニーズに応えられているかの検証と、サービス利用における要望などの収集を行う。また、実験期間内で、一部自動運転を導入したサービスなどを展開予定。また、両社の取り組みは、今後様々な事業者の参画も視野に入れたオープンなプロジェクトとして進められる。

ロボネコヤマトの使用車両イメージ

最終更新:7月21日(木)8時30分

MarkeZine