ここから本文です

ザ・ビートルズ、未発表テイク4曲を含むアルバム『ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル』を9月9日世界同時発売

CDジャーナル 7月21日(木)18時33分配信

 ロン・ハワードが監督する長編ドキュメンタリー映画『ザ・ビートルズ: Eight Days A Week - The Touring Years』の公開に合わせ、ビートルズが1964年と65年にロサンゼルスのハリウッド・ボウルで行なった公演の音源を収録するアルバム『ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル』(UICY-15566 2,600円 + 税)が9月9日(金)に世界同時発売されます。

 このアルバムは、ファンにはおなじみの1977年に発売された『ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ!』(原題: The Beatles At The Holywood Bowl)をそのままリイシューしたものではなく、コンサートを収めた3トラックのオリジナル・テープから新たに制作されたもの。

 『ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ!』に収録の13曲に、これまで未発表となっていた「ユー・キャント・ドゥ・ザット」(1964年8月23日収録)、「抱きしめたい」(1964年8月23日収録)、「みんないい娘」(1965年8月30日収録)、「ベイビーズ・イン・ブラック」(1965年8月30日収録)の4曲を追加。ビートルズのプロデューサーを務め、今年3月に亡くなったジョージ・マーティンの息子、ジャイルズ・マーティンとエンジニアのサム・オーケルが、アビイ・ロード・スタジオで念入りなリミックスとリマスターを施しました。

 ジャケットには、1964年8月22日、カナダでの初公演のためにシアトルのタコマ空港からヴァンクーヴァーに向かうチャーター機に搭乗するビートルズを、当時全米ツアーのマネージャーを務めていたボブ・ボニスが撮影した、映画のポスターと同じ写真が使用されています。

 また、日本唯一の公式オンライン・ストア“ザ・ビートルズ・ストア”(the-beatles-store.jp)がオープン。ストアのオープンを記念し、プライスオフ、クーポンのプレゼントのキャンペーンを実施中です。

最終更新:7月21日(木)18時33分

CDジャーナル