ここから本文です

【パンクラス】ラウジーに憧れる19歳の柔術美女カレアーリ、朱里から一本奪取を予告

イーファイト 7月21日(木)19時13分配信

 7月24日(日)東京・ディファ有明で開催されるMMA(総合格闘技)イベント『PANCRASE 279』にて、元Krush女子王者でプロレスラーの朱里(VOS GYM)と対戦するニコーレ・カレアーリ(ブラジル)が、21日(木)都内にて公開練習を行った。

【フォト】鋭い蹴りを放つカレアーリの鍛え上げられた脚線美

 カレアーリは「トレーニングも良い感じに出来ているので、自信を持って試合に臨めると思います」と笑顔で好調をアピール。3分間のミット打ちでは、軽快な動きから空手&ムエタイ仕込みの鋭い蹴りを叩き込むと、最後にはタックルから腕ひしぎ十字固めを極めた。

 今回がMMAで2戦目となるカレアーリ。9歳の頃から習っているという空手に加え、ムエタイと柔術(青帯)をバックボーンとしている。昨年から本格的にMMA(総合格闘技)の練習をスタートし、迎えたデビュー戦ではパンチでTKO勝ちを収めている。 

 対戦相手の朱里も、カレアーリと同じくMMAでは2戦目。Krush女子王者を3度防衛した打撃力を引っさげ、今年4月に迎えたデビュー戦では3戦負けなしの18歳・浅倉カンナから判定勝利をもぎ取っている。

 そんな朱里について「素晴らしいファイターだと思います。レスリングの技術があって、打撃もハード」と警戒するカレアーリだが、「タフな試合になると思いますが、自分が得意とする柔術で勝負して、出来れば一本で試合を終わらせたいと思います」と勝利を狙う。 

 UFCを見たことをきっかけに、MMAファイターになることを決意したというカレアーリ。憧れのファイターには元UFC女子バンタム級王者ロンダ・ラウジーを挙げる。「ファイターという部分はもちろんですが、彼女の生き様にも憧れています。ファイターとしても人としてもコンプリートな選手になりたい」と今後の目標を語っている。

最終更新:7月21日(木)19時19分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。